前へ
次へ

家族葬に適した斎場を借りること

アットホームな雰囲気の中で見送って欲しいと考えているのであれば、家族葬がよいでしょう。
実際、一般の参列者を断る人が増えてきています。
特に若い人が逝去をした時や子どもを失ってしまった時には高齢者の逝去とは雰囲気が違うということもあるので、一般の参列者も戸惑ってしまうということがあります。
家族葬にすれば近親者のみで見送ることができるので心行くまでお別れの時間を取ることができます。
自宅で執り行うという人もいますが、今は専用の斎場もあります。
通夜のあと、近親者が宿泊をすることができる施設も整っているので安心できますし、故人を一人にすることもありません。
専用の斎場は自宅でお別れを行うような雰囲気になっているところが多いので、なんとなく安心感もあるでしょう。
祭壇も大きなものではなく、家族葬に合うものを設置することができるようになっています。
花も色々な種類を選ぶことができるようになっているので故人のことを第一に考える葬式にすることができます。

Page Top