前へ
次へ

葬式の新たなスタイルの直葬について

一昔前ではありえないようなことでしたが、近年では徐々に身近なものとなりつつあるのが直葬ではないでしょうか。
急激に増えた葬儀形態の一つですが、直葬に対して後ろめたい気持ちを持つ人も多いことから、あまり多くの人が直葬にしたということを公にしません。
直葬は通夜や告別式を行わず、火葬のみを行うものであり、故人とのお別れは火葬炉の前で簡単な形で行われます。
ただ火葬をするというわけではありませんが、時間は圧倒的に短くなっており、簡単なものとなっています。
直葬となれば、費用を安く抑えられるというのはもちろんのこと、時間を短縮できるという利点があります。
しかし、葬儀後に親戚などから文句を言われたりと煩わしい思いをしてしまうこともあります。
苦言を呈されたりする場合もあるようです。
直葬を行ってしまうと、代々のお墓に遺骨を納められないというケースもあるくらいなので、慎重に考えておく必要があらことは間違いありません。

Page Top