前へ
次へ

お葬式を行なわない人が増えています

最近、お葬式の形に変化が見られるようになりました。
個人葬と言われる葬儀の形が今も多く見られるのですが、身内だけで行う家族葬とか宗教的なものを全て排除した自由葬などの形で行なう人も多くなって来ています。
その理由には、たくさんのことが考えらえ、多くの人が長寿になったことや住まいに関しての環境変化などから、人と人との繋がりも減り、少ない人数での式が行われることが一般的にもなって来ていることがあります。
また、葬儀に対する費用が高額になりすぎたことから、その費用を抑える目的もあり、小さめな式を行う人も多くなって来ています。
更に言えることが、お葬式を上げないと言う人までも出て来ています。
そこには、宗教の信仰を持たない人が多くなっていることがあるようです。
日常の生活において、無宗教で活きている人が、葬儀の時だけ宗教に頼ることを良いとしない人が、増えて来ているからです。
宗教に有りがたみ、更には宗教に頼ることをしないと言う考え方が増えて来ているのが、現状なのでしょう。
宗教に対する考え方が変わって来ていることが、葬儀の形を変えて来ていると言っても過言ではありません。

Page Top