前へ
次へ

お葬式に参列するにあたっての服装マナー

お葬式の際には、守らなければならないマナーというものがあります。
故人の遺族に対する礼儀と考えると、してはいけないことが何かが自然とわかるでしょう。
昨今、女性の喪服姿にパンツスタイルが増えてきました。
高齢になり、スカートは動きにくいという人なら別ですが、パンツスタイルはあくまでも略喪服なので、親族が着るのは不適切です。
とはいえ、親族も高齢となると、高齢の人は容認すべきでしょう。
ただ、まだ若いのにパンツスタイルの方がスタイリッシュに見えるという理由で着用するのは、常識がないと思われても仕方ありません。
さらに、真珠だけはアクセサリーとして身に着けていいとされているお葬式ですが、金のチェーンのペンダントトップが真珠というのでは、これまた失格と言わざるを得ません。
お葬式の時のためにグレーがかった色合いの真珠のネックレスも作られているくらいですから、せめて冠婚葬祭どちらも使える真珠だけのネックレスにすべきです。
お葬式に参列すると、マナーに関係なく独特のポリシーで葬儀に臨んでいる人が何人かは見つかり、ある意味では興味深いともいえます。

Page Top